<   2015年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2015年 03月 31日
Guam途中経過

b0114806_17083654.jpg
南の島には最強過ぎる2本!



Lineで時計仲間から貰った情報によると、
未使用のまま店に持ってけば160万↑は固いと(爆)
グッとくる情報だったけど、昨日買った正規店で駒詰めもしてもらい、サクッと新品降ろししました。
改めて良い色の文字盤だと思います(^ ^)
7万円かぁ.......ちっとも痛くねーわ!(u_u)

さて、下らない話は此処までにして、まだまだGuamに居ますよ(*ノv`)b
もう顔もあそこも真っ黒けっけですw
本当はもう帰りたくて仕方ないですが、
家族サービスもCoolな顔してしっかりこなす男。。。

本当は家族サービスと言う事に便乗して、
自分が1番楽しんでるのかも知れません(爆)

では次は、Guamからの絵葉書(7回目)でお会いしましょう(^_^)















[PR]

by TravisWalkers | 2015-03-31 17:11 | GUAM
2015年 03月 27日
Guam Rolex正規店より
b0114806_19424774.jpg



Yeah!!! めっちゃHoliday〜

[PR]

by TravisWalkers | 2015-03-27 19:39 | ROLEX
2015年 03月 22日
OLD Ploprof600
b0114806_831432.jpg

ALL iPhone5C
b0114806_8323128.jpg

1ピースのモノコックボディ、かっけーw
b0114806_10272433.jpg






やっと見つけたOLD Ploprof 600。
通算3本目(∞≧◇≦)
何故か現行のPloprofを持つと、ヴィンテージのPloprofも欲しくなるという連鎖。。。

今回のOLDは残念ながらダイヤル・ハンドは交換用だけど、青い文字盤に惹かれた。
交換用とはいえ、青文字盤は初めて見たんだな。


ジャックに一年以上も前から何本かOLD Ploprofはショーウィンドーの中に鎮座してて、行く度に眺めてはいたけど、
値段との兼ね合いや、自分の中での勘が溜息しか出させなかった(苦笑)


昨日は渋谷まで態々足を運んで、マジマジ見ながら実際に腕に載せてみてその場で即決。
ショップお抱えの工房でOHも済ませてあったしまぁまぁ、納得出来る逸品だった^^

で、先程まで手のひらの上で弄くり回していたんだけど、相変わらずいいわw
どんだけ僕Ploprof好きなんでしょう(∞≧◇≦)
金無垢が出たら確実に買うだろうな(爆)


スーパーカーとか宝石とか、はたまたデイトナや色々な時計の人気機種。
それらのオーラはかなり大きいんで、大多数の人が感じる事が出来るのよ。
買える買えないは置いといて、だから大勢の人が欲しがる。

例えばこのPloprof、これらのオーラは微力だから一般の人は感じ取ることが出来ない。
そんな僕は、その微力のオーラを発する物から選ばれた人、いや、微力のオーラを感じ取る事が出来る人間なんだよね(∞≧◇≦)
分かり易く言うと、霊が見れる人と見れない人の違いさw

女房から見たら迷惑この上ない事らしいがね(爆)


そんな屁理屈をすらすら書ける僕に、これまたこのOLD Ploprofを買わない理由は見つからなかった。

ONOさんの所に出てた16710のシングルロック・ギャラ付き未研磨と少し迷ったのはご愛嬌^-^
[PR]

by TravisWalkers | 2015-03-22 08:36 | OMEGA
2015年 03月 19日
銀座
b0114806_1734334.jpg

Summarit-L f1.5/50mm Taylor & Hobson version Made of 1949 year






先日、僕のLeica Mを、最新ファームウェアにアップデートして貰いに、ライカ銀座店まで行って来ました。
特にしなくても問題は無さそうな感じの内容だったけど、2回も溜まってるし、やっといた方が気持ち的にもスッキリするからさ(笑)
で、そのアップデートは普通に自宅のPCからでも出来るんだけど、僕はPCに疎いんで何回かチャレンジしたけど駄目だった(ToT)
もう面倒臭くなったんで、銀座まで行ってやって貰った方が早いよみたいな感じで仕方なく銀座まで足を運んだ次第です(∞≧◇≦)

車載のレーダー探知機のアップデートは自分で何とか出来たんだけどなぁ。。。

てか、昔とお店の場所が変わってるのね><

設定だけ初期化されてるのを口頭で教えて貰ってたのに、RAWに直さずJPEGモードだけで切ってしまったシャッター。
なによ?全然イケてるじゃん^^
これはこれで自分的には十分満足!!!


温故知新って言葉がぴったり合うこのオールドレンズ。
僕より2回り近く歳が離れたレンズだけど、まだまだ、いや、これからも現役です^-^
[PR]

by TravisWalkers | 2015-03-19 17:05 | Leica
2015年 03月 18日
JETT RINK COLLABOLATION with STANDARD "MOTHER ROAD"
b0114806_18464093.jpg

ALL iPhone5C
b0114806_1839217.jpg

b0114806_18465225.jpg

b0114806_18465938.jpg

注:女房のクルマにオシッコしてる訳では有りませんw
短足か!







想像してた以上の出来栄えにプチ感動(∞≧◇≦)
サイズもピッタンコだし^^
これはCustomしないで素のまま着た方がカックイイかな?
でもでも、今期はもう着る日数が残って無い気がします(ToT)


買って良かったと心から思える逸品に出会えた春先の出来事。。。

さらばFew、今までありがとう!!!
[PR]

by TravisWalkers | 2015-03-18 18:47 | American Casual
2015年 03月 16日
Leica 5cm f1.5 Summarit Taylor & Hobson version
b0114806_20484610.jpg

Summarit-L f1.5/50mm Taylor & Hobson version Made of 1949 year

色が滲みまくる(∞≧◇≦)カリカリの写りを期待して買った訳じゃ無い。
これを求めてた、カリカリの高価なレンズは既に持ってるしね^^
b0114806_2058373.jpg

Summarit-L f1.5/50mm Taylor & Hobson version Made of 1949 year

被写体が浮き上がる、このレンズの進化した物が僕の持ってる現行Summilux-M f1.4に繋がって行くんだからね!
b0114806_210563.jpg

Summarit-L f1.5/50mm Taylor & Hobson version Made of 1949 year
b0114806_2121160.jpg

Summarit-L f1.5/50mm Taylor & Hobson version Made of 1949 year

ズマリット特有のグルグルボケ^^
b0114806_2131328.jpg

Summarit-L f1.5/50mm Taylor & Hobson version Made of 1949 year

少し絞ってみる。
b0114806_214984.jpg

Summarit-L f1.5/50mm Taylor & Hobson version Made of 1949 year

ホントに柔らかい描写
b0114806_2145077.jpg

Summarit-L f1.5/50mm Taylor & Hobson version Made of 1949 year

ピントが来てる所はゾクゾクするよ!
b0114806_2154177.jpg

Summarit-L f1.5/50mm Taylor & Hobson version Made of 1949 year

モノクロこそが真骨頂なレンズだと思う
b0114806_2162374.jpg

Summarit-L f1.5/50mm Taylor & Hobson version Made of 1949 year

殆どクルマは絞り開放で撮ってます
b0114806_2165841.jpg

Summarit-L f1.5/50mm Taylor & Hobson version Made of 1949 year

クセ玉としても有名なレンズ、十分に分かる気が僕でもします^^
b0114806_2111496.jpg

Summarit-L f1.5/50mm Taylor & Hobson version Made of 1949 year

ピントが合った所の解像度も固過ぎず抜群な性能、66年前のレンズだぜ?(汗)
b0114806_2115548.jpg

Summarit-L f1.5/50mm Taylor & Hobson version Made of 1949 year

この時代はモノクロフィルムが全盛な時代、当然モノクロがこのレンズの性能を一番発揮出来る。
Leicaはモノクロが実にサマになる(照;;)
b0114806_21174491.jpg

Summarit-L f1.5/50mm Taylor & Hobson version Made of 1949 year

F8まで絞ればご覧の通りの解像度!現行Leicaレンズにも一歩も引けを取らない写り。
b0114806_21201679.jpg

iPhone5C

真鍮をたっぷり使ってるので、重さもズッシリと重い><
ロレックスの金無垢を思わせる重さ!
ぶっちゃけお値段83,000 円。
これが相場と比べて高いのか安いのかは、素人の僕には判断出来ない。
b0114806_21222284.jpg

iPhone5C

僕のズマリットは、Taylor & Hobsonの封印が刻まれている大変珍しいレンズなんです^^
(本レンズ構成を英国のテイラー&ホブソン社がもっていて、海外に輸出するときはパテント料を支払っていたようだ)ネットより。

b0114806_21234027.jpg

iPhone5C

初期/中期/後期とあって、僕のは初期でTaylor & Hobson刻印入りのレア物^-^





ハイスピードレンズ


購入した店の謳いでは、光学系⇒ カビ・クモリ有りません、レンズクリーニング済です。
(老舗の銀座カメラ店て点検整備済みな物、所謂レンズのOHの事か?)
しかし、気泡、光学系には拭きスレあります、との事。
前玉、後玉は綺麗だし、ヘリコイド、絞り動作も適度なトルク感が有り快調だね^^
でも昨日試し撮りしたら、全体的に何となく白っぽくはなる?
拭きスレのせいなのかなぁ?
それもまた味と思おう、全てひっくるめて楽しむのがオールドレンズの世界なのかとも思う。。。


さて、今回買ったレンズはLeicaのシリアル表と合わせて見ると、1949年製のレンズ。
なんと66年前のレンズである^-^
勿論、僕は生まれてないし、僕を産んでくれたかーちゃんも、妊娠出来る身体にはまだなってなかったと思う(爆)
この時代に生まれてたのは、ベベル師匠か、GSさん位だろうw


僕はカメラやレンズの専門知識も乏しいし、上手く説明も出来ないが、Leica....クソ高いし、クソ面倒臭い。それを差し引いても素敵過ぎるカメラ。
Nikonを捨ててまでも飛び込んだ世界、何気ない風景がLeicaを持ってるだけで見違える感覚。
あー、ドイツ旅行してぇw
Leicaの聖地、ウェッツラーに行きてーw
いや、何時かは必ず行く事でしょう^-^

次に狙うのは沈胴式のレンズ、Leica使いなら一度は必ず買うであろうエルマーかズミクロンしかないよね!

うーん、Guamに持って行く時計は直ぐに決まるけど、レンズはどれを持って行こうか?^^

初撮りの被写体がアメ車、僕はどんなに幸せなんだろう(笑)
無理してPPも買う必要は無いか?
PPを逝くなら完全にコルベットC7 Z06は諦める。
昨日聞いた話だと、本国ではプレミア車になっていて、プレミアも1万ドル位付いてるらしい(ToT)
それにZL1を降りてまでも欲しくはないかな?

いかんいかん、直ぐに話しがズレるw今回はレンズのお話だったね(∞≧◇≦)


Leicaレンズ沼、元々僕は泳げないんだし、沼に飲み込まれて溺れるならそれも本望。


それでは次回は何のお話でお会いしましょうか?(笑)
[PR]

by TravisWalkers | 2015-03-16 21:29 | Leica
2015年 03月 15日
Ref.16800
b0114806_91838.jpg

ALL iPhone5C

序でに値札も頂いて来ましたw
b0114806_9203013.jpg

今回はグリーンタグにシリアルシール付き^^
b0114806_9204311.jpg

しっかり整備されてきた固体
b0114806_921881.jpg

入れ物も時代の流れを感じます
b0114806_9214466.jpg

もち、冊子も完璧でデッドストック並みの状態
b0114806_9223074.jpg

ギャラ入れにもシリアルシール付き
b0114806_9225887.jpg

これも大好きなポイント
当時は$1690だったって事かな?
b0114806_9231693.jpg

流石にブレスレットはヨレがありますね><
因みにトリチウムが焼けてなければ買ってません^^





Ref.16800



昨日の記事とのギャップに照れつつ、今日はロレックスで行ってみましょーw

Ref.16800、ガワも見た感じも一世代前のRef.16610と変わらないお時計様。
先日紹介した16660の付属品も凄かったど、この付属品はもっと凄い。。。
これが例えば4桁のサブでこの付属品ならドヤ顔出来るけど、古いと言ってもたかだか30年前の5桁だからね(∞≧◇≦)
しかし、付属品の状態と時計の状態も素晴らしい綺麗さ^^

ハンドなんて一切のクスミも無いし、ダイヤルも見事なまでのミラーさ!
これなら僕じゃなくても、日ロレ正規のOHは文字盤&針交換無しでパス出来るんじゃないかな?

これはしっかり整備された固体を買ったんで、OHをする必要は無し。

たまには使ってあげて、5桁の良さを再確認したいと思います^-^
(僕はロレックスは6桁現行派ですがw)

さて、久しぶりにモニクルに行ってきます!!!
大排気量がドロドロ言ってるのは、いつ聞いても気持ち良いね^-^



ゴメン><Leicaオールドレンズ編は必ず次回に!
レンズの記事を待ってるのはfukaさん位しか居ないと思うんだけどさ(爆)
[PR]

by TravisWalkers | 2015-03-15 09:28 | ROLEX
2015年 03月 14日
そろそろ時計買いにもピリオドを(∞≧◇≦)
b0114806_19281943.jpg

定価¥9,687,600円(税込)中古→ ¥7,770,000円(税込)現金なら→¥7,670,000円(税込)
b0114806_19282814.jpg

定価9,795,600円中古→¥6,980,000円(税込) 現金なら→¥6,880,000円(税込)



買う買わないは別として、うーん、どっちがいいのだろう?
価格的には同じ様な2本。

ダトはDバックル無し(ToT)
PPは新品時からDバックル付き!

サイズ的にはダトのが好み^-^
いや、同じようなもんかな?
[PR]

by TravisWalkers | 2015-03-14 19:37 | Other Watch
2015年 03月 12日
SHEEP WORK VEST  "MOTHER ROAD"
b0114806_22564954.jpg




仲間の先輩に教えて貰い、先程早速注文(爆)

The Fewのニュージーランド工場も今年の8月で閉鎖〆。。。

アメカジがLife Styleな僕の場合、逝かぬ理由など全く無いのです。
久しぶりに服での高揚感(∞≧◇≦)

到着が楽しみです^-^





詳しくは↓からどぞ!
SHEEP WORK VEST    "MOTHER ROAD"
[PR]

by TravisWalkers | 2015-03-12 23:03 | American Casual
2015年 03月 11日
Radiomir 1940 3Days Oro Rosso Pam00515
b0114806_21125926.png

b0114806_9304361.jpg

ALL iPhone5C

正規新品物でっす^-^
自分の手持ちを褒める性分じゃないけど、レッドゴールドってマジマジ見ると凄く綺麗な時計なのね(汗)少し見直したわ><
b0114806_9311498.jpg

Dバックル注文票
b0114806_9321823.jpg

b0114806_9371963.jpg

Nikon D700

注:過去画像
以前は大のPanerai好きでした^^
b0114806_185631.jpg





年度末は毎年仕事が薄いんですね(ToT)昨日も今日もお休みな僕で御座います(ToT)
それと東日本大震災から今日で丁度丸四年経ちます。
14時46分には仕事の手を休めて黙祷を忘れずにm(__)m




と、言う事で久々のPanerai編行って見ましょうか~!
周りがパネパネ言ってないと、パネライに逝く天邪鬼さ、久しぶりのPanerai、これまた久しぶりの金無垢。
ローズゴールドでもなく、ピンクゴールドでもなく、レットゴールドだそうな。
Paneraiの新し目の金無垢モデルも、本当にイエローゴールドモデルは無いね。
久しぶりにパネを逝くんだったら、大きさも44mmじゃなくて47mmを選びました(笑)

基本、僕はPaneraiは44mmが好きで、尚且つ1950ケースが好き!
これは昔、ラジオミール~ルミノールケースへの移行期に作られた物らしくてですね、
と、僕自身良く分かって無いし、皆さんの方が詳しいと思うので、生い立ちの話なんてパスしましょうね(爆)


兎に角、Paneraiも好きな僕としては一本だけはPaneraiも持ってたいと思い購入した訳で御座いますが、
VCのドレス時計を買わなかった事実も有りますので、ここは一つドレス時計と思ってこのモデルを選んだ訳でもあるのです^^;;
そしてこの時計は当然ケースと同じ素材で出来た尾錠が付いてるんですが、僕は革ベルトの時計ってのは尾錠より断然Dバックルが好きなんです。
それで早速銀座のPaneraiブテックに行ってこのモデルに付くDバックルを調べて貰ったら、有りました有りました!
当然、僕が金無垢にステンレスのDバックルを付けるなど有り得る筈は無く、レッドゴールド製をくれと言いましたが、国内何処も在庫無し(ToT)
無いなら仕方ない、スイスオーダーをかけました。
そして肝心なお値段はなんと37万円弱www
お前んとこのDバックルはパテックで作ってんのかよ!みたいな高さw
隣に居た女房の顔色も少し悪くなった気がしましたけど、仕方ないよ諸経費ってやつさ(爆)
しかもスイスでも一から作るらしくて納期は約3ヶ月との事。
うざw

出来上がりが楽しみですが、Dバックル到着したのは良いが、付ける本体は既に売却済みなんて事にならぬ様、注意したいと思います(おぃ)

そしてもう一つ面白い事を思い付いたのが、よ~バックルで一番でかいメガ?ギガ?を金無垢(レッドゴールド)で作ると言う事。。。
直ぐによ~ちゃんに電話して見積もりを取って貰いましたが、彼の利益は乗せなくても50万は超えてくるらしいとの事でしたorz
直ぐにこの計画は頓挫致したのは言うまでも有りませんw


さて、思いっきり時計に嵌っちゃってますが、買い過ぎで逆に飽きました。
実はまだまだ買ってますが、もう見せません(爆)
よしと、寒いけどこれからエリシオンの洗車でもしますか^^


それでは次回はLeicaオールドレンズ編でお会いしましょう!!!
[PR]

by TravisWalkers | 2015-03-11 09:35 | PANERAI