2014年 10月 14日
Noctilux
b0114806_2131538.png

このレンズでしか撮れない世界があります。それは間違いのない事実。見つめるか、目を背けるかはあなた次第。
b0114806_2134669.jpg





別にカメラが特別好きなわけじゃないんだけど、何でも形から入りたがる僕はLeicaを....
と、書こうかと思ったのだが、M8やM6を過去に使ってたと言う事を思い出し、自虐的にならずもう少しカッコ良く書き始めようと思う(∞≧◇≦)


遠回りしてお金を使うのだったら、真っ直ぐに脇目も振らずに初めから究極の一本を手に入れちまおうかと、目下悩み中。
そのレンズとはLEICA NOCTILUX-M f0.95/50mm ASPH 所謂、人間の目よりも明るいレンズである。
過去にこれの第二世代と俗に言う、40年近く前の中古のレンズを、中古のDeepSea+15万円の現金と引き換えに購入はした事が有る^^
(当時は円高でしたので、DeepSeaも新品で60万円台)
素人なりにも実に素晴らしい描写をするレンズと分かるお気に入りでしたが、Leica熱が冷めたと同時に、ボディ共々売っぱらったのw
因みにそのノクチはギャランティや純正フードや元箱付きのフルオリジナル物だったんだよね。
もう今となっては探しきれない逸品だったなと、今となっては少し後悔(ToT)


で、今回のレンズ、価格:¥1,296,000(税込)

ここから5%のポイントが付くから、実贅価格は大体123万円のレンズだよ(苦笑)


勿論、使いこなす腕も知識も無いけれど、それを言ったら何も買えなくなっちゃうじゃん?


暫くは今のSUMMARIT-M f2.5/35mmで楽しむよ!僕はどちらかと言うと、標準レンズより広角レンズのが好きだから!(出来れば超広角のがもっと好き)


しっかし、完全に撮影は持つ喜び、使う喜びのおまけだよ(爆)
多分、僕の場合はそれで良いと思う。
何となくそんな感じなら長く使えそうな気がするから^^
[PR]

by TravisWalkers | 2014-10-14 21:05 | Leica


<< Silver      銚子電鉄 >>